【社労士試験、3回落ちました】あきらめない力の身に着け方。

【社労士試験、3回落ちました】あきらめない人の特徴を解説。

辛いことがあるとすぐにあきらめてしまう。

あきらめる癖を治したい。

本日はこんな人のために記事を書いていきます。

試験に落ちるのはつらいですよね。

今まで頑張ったのが全て無駄になる感覚です。

私は社労士試験に3回落ちています。

簿記2級にも3回落ちています。

宅建にも1回落ちました。

大学も一浪しました。

こう考えると、落ちまくってる人生ですね😭

正直落ちたときはめちゃくちゃつらかったし、自分の頭の悪さに絶望しました。

でも、それでもなんとか立ち直り、最後は社労士も宅建も簿記も合格することができました。

私も最初からあきらめない力が身についていたわけではありません。

いろんなチャレンジや失敗を繰り返しながら絶対にあきらめない精神力が身についたと思っています。

私の経験をシェアすることで、皆さんの資格試験挑戦の役に立てばと思います。

では始めていきましょう!

【本記事の筆者】
島出身の田舎者です。
地方銀行に10年超勤めています。
働きながら色々な資格を取得。
予備試験や情報系試験の勉強もしています。
副業でブログしてます。
いつかは脱サラしてリモートワークしたい。
CONTENTS

あきらめない力は人生において最強の武器


あきらめない力とは、継続力であり、目標に向かって最後までやり切る力です。

なぜこの能力が最強の武器になるかというと、この力があれば自分の将来を設計しやすくなるからです。

どういうことかというと、目標を立てさえすれば、あきらめない力でいずれその目標をクリアすることができます。

そのため、自分の思い描く未来を実現することができるからです。

実際に、私もこのあきらめない力が身についてからは、自分が設計した未来がおおきなずれなく実現できています。

こういう感覚を持つことができると人生がめちゃくちゃ楽しく感じます。

まさにあきらめない力は最強の武器といえるでしょう。

あきらめない力を身につける方法

小さな成功体験を積み重ねる

あきらめないという精神力を身につけるためには、自己肯定感が必須になります。

自分を肯定できなければ、何をやっても長くは続きません。

しかしながら自己肯定感は、育った環境によって大きく異なってくると思います。

最初から備わっている人もいれば、自己肯定感が低い人もいるでしょう。

私も大学時代や20代前半は自己肯定感は低かったです。

ではどのようにして、自己肯定感を身につけたかというと、私の場合は小さな成功を繰り返して身に着けていったという感じです。

私の初めての小さな成功体験はFP(ファイナンシャルプランナー)2級の合格でした。

FP2級の難易度はそこまで高くなく、学科が合格率40%、実技が50%ほどの試験です。

ただ私の銀行ではFP2級保持者は30%以下であったため取得時には周りから褒めていただきました。

この経験が自分の中の自己肯定感が高まるきっかけになったと思っています。

その後、宅建や社労士などより難易度の資格を取得したことにより、現時点での自分の自己肯定感はかなり高いです。

この自己肯定感があるため、色んなことにチャレンジしようと思うし、心折れてあきらめることはほぼありません。

戦略的撤退はあるかもですが。

まずは、小さな成功でいいのでチャレンジしてみましょう。

そうすることで自己肯定感が育ち、継続力とあきらめない力が徐々に養われていくでしょう。

努力を習慣化する

物事を継続するためにはモチベーションが大事だとみんな考えているかもしれません。

実はこれは、間違っていると思います。

確かに何かを始める際にはモチベーションは大事です。

でも、継続を習慣化できればモチベーションは不要です。

特別な感情がなくても継続することはできるんです。

人間はモチベーションに左右されるからこそ、精神的につらいことがあると、今まで継続していたものをあきらめてしまいます。

完全に作業を習慣化させてしまえばモチベーションなんていりません。

このマインドになるとあきらめるという選択肢はなくなります。

習慣化のコツ

習慣化のコツはとにかく毎日続けてみることです。

最初はとりあえず10分程度でいいので続けるというのが大事です。

筋トレなどと同じで一日だけ10時間努力しても意味ないです。

それより一日10分3か月間努力したら腹筋が割れてきます。

そうすることでだんだんストレス耐性がついていきます。

まずは自分の一日のスケジュールを組み、少しでも習慣化できそうな時間帯を見つけていきましょう。

ちなみに私の1日のスケジュールはこんな感じです。

06:30~07:30 起床、朝食
07:30~08:00 勉強
08:00~08:15 出勤
08:15~14:00 仕事
14:00~15:00 昼休憩(10分くらい勉強)
15:00~19:00 仕事
19:00~19:15 帰宅
19:15~20:00 夕飯、風呂
20:00~23:00 勉強、ブログ等
23:00~23:30 YOUTUBE鑑賞
23:30~06:30 就寝

こんな感じで、勉強やブログ執筆を習慣化させています。

あとはテレビを見るなど悪い習慣がある場合にはそれを取り除く工夫もしてみて下さい。

スケジュールを組んだらとりあえずその通りに毎日動くよう心がけていけば、そのうちストレスなく淡々と作業できるようになるはずです。

とはいえ

習慣化すればモチベーションはいらないとは言いましたが、習慣化するまでにはかなりのモチベーションが必要になります。

てか、この努力量を0から1にする作業が一番ストレスですよね。

この最初のスタート部分で必要となるモチベーションをアップさせる言葉を紹介します。

私も大好きな言葉です。

モチベーションアップする言葉

鈴木イチロー

 

小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行く、ただ一つの道だ。

 

 

マイケル・ジョーダン

 

I can accept failure, everyone fails at something.
But I can’t accept not trying.

(失敗を受け入れることができても、挑戦しないことを受け入れることはできない。)

 

 

ココ・シャネル

 

Nature gives you the face you have at twenty; it is up to you to merit the face you have at fifty.

(20歳の顔は神さまからの贈り物。50歳の顔はあなたの残した価値がにじみ出る。)

 

 

羽生 善治

 

遠回りしながらも、もがいて身につけたもののほうが、簡単に手にいれたものよりも後々まで役に立ちます。

 

 

孫 正義

 

最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけだった。

 

 

モチベーションアップするYOUTUBE動画

私がモチベーションを上げたいときに見る動画も紹介しておきます。

ソフトバンクグループCEO:孫正義

 

名言でも紹介しましたが、孫さんの動画もモチベーションアップに最適です。

この動画は2013年に撮影されたものです。

30人の高校生に向けてメッセージを送っています。

おっさんの私の胸にも響きます。

 

WANIMA:18祭シグナル

 

社労士試験に何度も落ちてあきらめたくなった時に見ていました。

心くじけそうな人はみて下さい。

途中フリースローが中々入らない場面があるんですけどラストは泣けます。

元気になるの間違いなしです。

※動画はYOUTUBEの文字をクリックすればYOUTUBEにとんで見れます。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

あきらめない力がつけば自分の思い描く理想に近づくことができるはずです。

そして、新しいことにどんどんチャレンジしていってください。

もっともっと人生がいいものになっていくと思います。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

あわせて読みたい
【家で勉強できない人向け】社畜銀行員が教える集中力アップの方法
【家で勉強できない人向け】社畜銀行員が教える集中力アップの方法【家で勉強できない人向け】社畜銀行員が教える集中力アップの方法・家で集中して勉強できる方法を知りたい。本日はこんな疑問に答えていきます。私は資格の勉強する際...
あわせて読みたい
働きながら資格取得!コスパ最強の資格10選!
働きながら資格取得!コスパ最強の資格10選!働きながら資格取得!コスパ最強の資格10選!何か資格を取得したいけどそんなに難しくないけど役に立つ資格を知りたい。効率よく将来性のある資格を取得したい。本日...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CONTENTS
閉じる