社会保険労務士

人事のお仕事と社労士資格の関係とは?具体的に説明します。

人事の仕事と社労士資格の関係とは?具体的に説明します。

最近twitterはじめました。こんにちは、たんたんめんです。

本日は、

社労士資格をとると、人事部で役に立つってよく聞くけど、具体的にはどういうことなのかにゃあ?

こんな人のために記事を作りました。ではいきましょう!

人事部の仕事内容ってどんな感じ?

まずは、人事部の仕事内容を知りましょう。ざっくり箇条書きすると、こちら。

・社員の採用、手続きをおこなう。
・人事評価に基づき、人事配置をおこなう。
・社員の給与、福利厚生の管理をおこなう。
・労働組合との交渉をおこなう。

こんな感じになります。

それでは、それぞれ社労士資格とどのように関係していくか、説明していきます。

社員の採用をおこなう。

社員を採用すると、健康保険や労災、年金など、新規の加入手続きが必要となります。

新入職員の多くは学生のため、国民健康保険や、両親の会社の健康保険に加入しています。入社と同時に職場の健康保険に切り替える必要があります。

また、新たに労災保険にも加入しなければなりません。社労士の知識があれば、健康保険と労災保険の違いは簡単に説明ができますが、そうでない人達は、その点を理解するのにも時間がいるかもしれません。

新入職員の最初の手続きを行う際には、社労士試験で得た知識はかなり役に立つでしょう。

また新規の職員もいれば、退職する人もいますね。退職する職員に対しても、今後の健康保険や、年金受給に関しても説明を要します。ここでも、社労士の知識ががっつり活かされます。

人事評価に基づく人事異動

こちらに関しては、直接的に社労士業務とは関係してきませんが、人事評価の考え方に関しては、一般常識科目の労務管理の中で、学習しているはずです。

学習しているときはこんなの役に立つの?と思っていたかもしれませんが、会社の中では、意外と役に立つことがあります。

例えば、うちの会社に実際にいる上司の話ですが、部下を指導したり、評価したりする際に、性悪説で物事を判断する上司がいます。部下がさぼると決めつけて、スケジュールを逐一報告させます。

しかし、人事考課の歴史を知っていれば、この考えは、古く、誤った考えだと指摘できます。

現代の人事考課の主流な考え方は、性善説であり、人は自らすすんで立てた目標に向かって、積極的に働くいきものであり、その考え方に沿って教育指導し、人事評価をしなければなりません。

様々な実験によって、証明されたものですので、性悪説を唱える上司がいたら、一泡吹かせてやりましょう。

社員の給与、福利厚生の事務

給与、福利厚生の事務に関しても、社労士試験の勉強をしてきているのならば、イメージはつくはずです。簡単に説明すると、給料から天引きして、社会保険料に割り当てたりする作業になります。

単純に毎月天引きするだけではなくて、育休産休に入った人、または復帰した人の保険料なども、計算してあげなければいけません。

また、給料に関しても、残業代の適用がある場合は、労働基準法36条の時間外協定、通称サブロク協定を、各職場にて結ぶ必要があります。

これも人事課の重要な仕事です。何から何まで社労士で学んだものですね。

ちなみに、時間外協定は労働基準監督署に提出しなければなりませんが、労基署の人たちも、社労士資格をもっていると、ある程度信頼してくれるので、手続きも行いやすいはずです。

労働組合との交渉

人事部のもう一つの大事な役割として、労働組合との交渉があります。
交渉の中身は賃金アップや福利厚生にかかわるものなど様々です。

交渉で大事なことは、相手になめられないことです。

社会保険労務士は、労務のプロとして、労働組合に対しても、大きな存在感があります。
交渉の場でも有効に作用することは、間違いありません。

社労士バッジをつけて威嚇しましょう。

法人営業での社会保険労務士資格の活かし方

前述では、所属会社での人事部に配置された場合の、社労士資格の活かし方に関して、解説しました。

人事部内でいかに社労士が強力な存在であるかが、理解できたと思います。

ここからは逆転の発想です。

人事部で絶大な力を発揮できるのは、なにも社内だげに限られるわけではありません。

営業先の人事部にも社労士という肩書は力を発揮します。
名刺に社労士とあれば、それだけで、向こう側はあなたを、優秀な人材と感じるはずです。

そして、営業活動で大きな成果を出すためには、会社のかなめである人事部を抑えることは、かなり重要です。

社内だけでなく、外部の企業の人事にも効力のある、この社労士という資格のポテンシャルは、すんごいと個人的には思っています。

社労士資格を利用すれば、他のライバル社員にも大きく差をつけることができるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、人事のお仕事と社労士資格の関係性について、説明させていただきました。

調べれば調べるほど、人事課と社労士が相性が最高ですね。

社労士を取得した際にはぜひ、人事課に希望を出しましょう。

もしかしたら、人事部長まで上り詰めることができるかもしれません。
そうなると、かなりの出世ですね。

さらに、忘れてはいけないのが、社労士資格は独立も可能な資格です☆

かなりの万能資格であり、取得しておいて損のない資格ですので、

悩んでいる方がいらっしゃたら、ぜひ挑戦してみて下さい。

では、また次の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
たんたんめん
島出身→大学法学部卒業→銀行員→宅建合格→TOIEC600→社会保険労務士合格→令和二年司法試験予備試験受験予定。取得した資格の有益な情報を発信します。30代サラリーマンです。いつかは社畜脱出したい。